コンタクト

メールアドレス:

自己紹介文

●本業はソフトウェア作家です。といいつつ会社員もやっているので純粋な作家ではないですが、遠くないうちに作家活動に専念したいと思います。
 他、表に出てこないものも多数。
 ソフトウェアを作り始めて17年になりますが、この創造性は他に似たもののない特殊な魅力があります。

●投機家
 日経平均オプションを主力とする投機活動全般。まっとうな長期投資もしてますが、ロマンがあるのは投機ですね。最近マンションを買ったので蓄えはやや減りましたが、それでも現在約4000万円を激しく運用中。
 このblogでは、記事を書くたびにその時点のオプションのポジションを併記することにしました。敢えて公表することで下手なことはできない緊張感を出すためです。Lはロング、Sはショートポジションです。

●タイトルの由来
 WindowsNTの開発を追った名著「闘うプログラマー」の次の一節から採っています。
 「通常なら、ここまで大きなプロジェクトで出荷モードのこの段階になれば、プログラマーはごく小さな変更とバグの処理に専念するよう命令される。そして、デバッグに力点がおかれる。しかし、さまざまな理由から、何人もがNTの一部を書き換えていた。人生を書き換える者すらいた。」

 自分にとって、ソフトウェアを作ることと相場の魅力に出会ったことは確実に人生を書き換えました。これからもそういう出会いが多いことを期待しています。

●その他の情報
 ■1976年東京生まれ
 ■会社員としての仕事はJavaVMの開発。特にJITコンパイラ。
 ■好きな映画:2001年宇宙の旅、仁義なき戦いシリーズ、戦争のはらわた
 ■好きな漫画:俺節、あしたのジョー、池上遼一作品全般

●将来の夢
 ソフトウェアの世界で巨匠になり、引退後はイタリアかスペインに移住してサッカーを観て余生を送る