最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ラスベガス旅行(3) 芸術とエンターテインメント | トップページ | 喜んでいいとはとても思えない »

2005.06.07

利益あれども...

 雑誌の原稿を書こうとしたが気合が入らないので(しかし締め切りは今週)、ここ3ヶ月くらいのポートフォリオの推移を整理していたら、3ヶ月で総資産はほとんど変化していないことが判明してちょっと衝撃を受けた。投資活動ではちゃんと利益が出ているので、必然的に出費が大きいということになる。
 すると、出費のうち最大のものはぶっちぎりで去年の利益にかかった税金、それから通常の生活費、住宅ローン、ラスベガスの旅行費用とカジノの負け分、各種の売買手数料といった順位。やはり重税感が強いなあ。ラスベガスに1ヶ月いてもこんなに使わないよ、というぐらいの額だ。

 4月以降は会社を辞めているのでもちろん給料はなく、この間の収入は基本的に相場のみである。考えようによっては、税金+住宅ローン+生活費をきちんと相場でカバーし、旅行をする余裕もあったという点に自信を持っていいのかもしれないが、安定収入ではない(カジノよりはずっと信頼性のある収入ではあるが)し、ずっと相場を張ってこの残高を増やすことだけを目的として生きるのは無理だなあと資産の推移表をしげしげと見ながら思ったわけですよ。

 しかし最近の世界的債券バブルは何なんでしょうね。株価も膠着感が強いし、動き出したら急かもしれん。

« ラスベガス旅行(3) 芸術とエンターテインメント | トップページ | 喜んでいいとはとても思えない »

コメント

こんにちは、mixiより来ました。
株価、膠着していますね。
次のステップに進む地固めと考えています。

岡嶋さんの雑誌の取材はどのような
テーマなのでしょうか?
宜しければ教えてください^^

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利益あれども...:

« ラスベガス旅行(3) 芸術とエンターテインメント | トップページ | 喜んでいいとはとても思えない »