最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 予想外の強さ | トップページ | 竜馬がゆく 読破 »

2005.06.23

巧妙なトリック

 そういえば、退職に伴って厚生年金から国民年金への切り替えをほったらかしにしていたので、手続きを求める書類が来たのを機に面倒くさいと思いつつも行ってきた。それ自体は問題なかったのだが、つづいてこんなやりとりが...

区役所の人 「ところで健康保険の切り替えは済んでますか? そうでないと10割負担になりますよ」
     (病院なんて滅多に行かないし、自分の所得を考えると10割負担のほうが安上がりと瞬間的に判断して)「10割負担で構いません」
区役所の人 「何を言ってるんですか!加入は国民の義務ですよ!」

 だったら最初から10割負担というオプションがあるような誘導をするなっての。この人は10割負担と言えば皆びびって加入するという読みだったのだろうか? まんまと嵌められたぜよ...
 義務なのはもちろん知っているが、有名無実化しつつあることを指摘して長々と議論するのもバカバカしいのでおとなしく手続きしましたとも。しばらくすると巨額請求が来るんだろうな。

« 予想外の強さ | トップページ | 竜馬がゆく 読破 »

コメント

僕も20台のころはそう思いました。でも妻子がいる現在は入っていた方が得みたい。

退職後も厚生年金の健康保険は2年任意延長できます。事業者側の負担も払うので2倍になりますが、国民健康保険より安いこともありますよ。

遅かったかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巧妙なトリック:

« 予想外の強さ | トップページ | 竜馬がゆく 読破 »