最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« デスノート7巻 | トップページ | 宇宙戦争 »

2005.07.05

ラスベガスをぶっつぶせ



 先日の「カジノのイカサマ師たち」に続くカジノもの。
 テクニックとしては単純で、ブラックジャックのカードカウンティングで「2~6を-1, 10~Aを+1」とカウントし、大きくプラスに振れたときに大きく賭けるというもの。これだけの単純なカウンティングなら6デッキでも十分できる、というのがミソなわけだが、結局1冊まるまるかけてこのネタだけというのがちょっとつまらない。
 しかも、このカウンティングで優位性が大きくなるのはシャッフル寸前の数ゲームなわけだから、カジノ側は単に早めにシャッフルすればいいんじゃないの?
 
 なお、帯に「ケヴィン・スペイシー主演+プロデュースにて映画化し全米公開」とあって、そんなのあったっけと気になって調べだした。が、まるでヒントが見つからない。ムキになっていろいろ漁ってたどりついたのがこれのようだ。原題ともまるで違うが、昔のニュース(たとえばここ)にはケヴィン・スペイシーがプロデュースとある。きっとどこかで話がこじれたんだろう。

« デスノート7巻 | トップページ | 宇宙戦争 »

コメント

おぬしのアマゾンリンクから、ベガス本を何冊も買ってみたぞい。当然この本もその中に入ってた。やっぱし同じ物買ったか。
で、その時に一緒に買った「ギャンブルに人生をかけた男達」という本が、『カジノのイカサマ師…』『ラスヴェガスを…』を含めた何冊ものうちの中で、圧倒的に情報量が多くて、大変に面白かった。
実は博打である保険からブックメイクからカウンティング、カジノ経営やコンプシステム、そしてポーカーの歴史にいたるまで触れていて、博打というものの総括としてはこの一冊で十分だったかな。オススメ。
それとももう、読んでるかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73665/4842441

この記事へのトラックバック一覧です: ラスベガスをぶっつぶせ:

» ヅラじゃねーぜ触んな [Blog]
絶対だぞ。いいか?絶対触るなよ!! [続きを読む]

« デスノート7巻 | トップページ | 宇宙戦争 »