最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 耳をそろえて | トップページ | 小ネタ1 堀紘一の矛盾 »

2005.09.07

コードコンプリート読了


 ついに読了。
 上下巻あわせて1000ページ以上、さすがに大変だった。特に下巻の、心理面に触れた部分は今読んでも得るところは大きい。プログラムを書く、という作業について真摯な姿勢が自然と出てくる。ただ、ある程度の経験がないと書いてあることの意味を実感として理解するのが難しいので、上等兵を軍曹にするための本、といったところか。
 しかしながら、少なくとも日本ではある程度経験を積んだエンジニアは管理職へのパスを選択せざるを得ない場合が少なくなく、この本の内容にあるような技芸の道でモノ作りを極めようという人(自分も含めて)はなかなかキャリアパスが難しそうだよな。

« 耳をそろえて | トップページ | 小ネタ1 堀紘一の矛盾 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コードコンプリート読了:

« 耳をそろえて | トップページ | 小ネタ1 堀紘一の矛盾 »