最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 倍耐力... | トップページ | 【書評】ビジョナリー・カンパニー »

2005.10.17

ダリの絵を買ってみた

 もちろんレプリカです。
 スペインでいたく感動したので、絵を部屋に飾ろうかと思いまして。

 Webで探していたらこんな業者を見つけた。印刷ではなく本当の油絵なので、独特の質感や凹凸は存在する、ということですね。(最新の印刷技術ならそのくらいの凹凸はできちゃいそうだけど)
 しかも、制作費を抑えるため北京に中国人の絵師チームを雇っているそうだ。今回注文したダリの絵は6万円、製作期間2ヶ月、しかも現物を見て気に入らなければ返金OKとのこと。するとその中国人の絵師に行くのはせいぜい3~4万円だろうから、いくら中国とはいえそのくらいのスキルを持った人を拘束してその金額とは中国の人件費は本当に安いんだな。

 ちょっと面白かったのが業者からの

入金を確認しだい、制作スタートを画家に指示します。

 というメール。「画家に指示」だって。なんかお抱えの画家がいるみたいで、わけもなくリッチになった気分だ。

« 倍耐力... | トップページ | 【書評】ビジョナリー・カンパニー »

コメント

誠文堂新光社の「IDEA」誌に連載されている、都築響一の『デザイン豚よ木に登れ』で類似のサービスについて取り上げてたな。こっちの方はバンコクのサービスで、絵画に限らず写真でもイラストでも、見本さえあればやってくれるとか。画家たちは地元の美術学校の生徒がバイトでやってるそうで、作例を見たところ出来不出来にはかなりムラがあるみたいね。どっちかっつーと、アートというよりは(映画や銭湯の)看板職人に近いのかも知れない。ともあれ、ポスターを貼るだけってのはけっこう寂しいので、レプリカとはいえ凹凸のある絵画は僕も欲スィ。ブリューゲルとか。

これいいですね!
私も使ってみたいです。
感想聞かせてくださいね^^

HPのサンプル品を見たけど、こ、これならさすがにポスターに額つけた方がいいかな…という印象ではあった。しかも宣伝用のサンプルでこれってことは、実物はもっと出来悪いわけでしょ。
この値段なら相応だとは思いつつ、送って貰った実物次第…って感じだよなこれ(;´∀`)
なんとか納得できるレベルか!?
結果報告楽しみにしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダリの絵を買ってみた:

« 倍耐力... | トップページ | 【書評】ビジョナリー・カンパニー »