最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 安部晋三が日本国のrootになろうとしている件 | トップページ | 温泉旅行 »

2006.09.13

【本】Google誕生

Poderosa関係の仕事がとりあえず一段落してからかれこれ2週間、このところずいぶん気合が抜けていた。プライベートでもいろいろあったし、Hearts of Iron 2 (DD)でつい遊んだり。
が、ようやくこの本で目が覚めた。びしっと仕事をする気が湧いてくる一冊。Googleの生い立ちがかなり詳しく書いてあるが、最近ときおりGoogleが見せるプライバシーを支配する暗黒面やAdSenseの不透明性については軽く流し、よい面だけをとりあげているのが気になるけども、読み応えはあった。
Googleの最も凄いところは検索エンジンの魅力を武器に人材集めに成功したところだと思う。勤務時間の20%は好きなことをしていいなど、エンジニアが何を求めるかをよくわかっていて、かつそれを実現する財力があるのは大したものだ。もし僕が今大学生で、もうちっと英語の実力があれば卒業後すぐGoogleに入社しようとしたかも、と思うくらい。
この思想は技術者でない従業員の差別に繋がりかねない危険があるような気もするが、Googleはいまや勝利者だから何やっても正当化されるさね。

« 安部晋三が日本国のrootになろうとしている件 | トップページ | 温泉旅行 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73665/11883191

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】Google誕生:

« 安部晋三が日本国のrootになろうとしている件 | トップページ | 温泉旅行 »