最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 温泉旅行 | トップページ | 二股疑惑 »

2006.09.22

偽Office

 今日おどろいたニュースはこれ。中国のソフトメーカーがMS-Officeそっくりなのを出すのだそうだ。
 現実的にありそうなこととしては、完全な互換性がないためにユーザ同士でのトラブルが起きて混乱が増すだろうとか、MSの保有する何かの特許に抵触してアウトになるかもとか、そもそも次のMS-Officeではルック&フィールが大きく変わるので今頃こんなものを出してもすぐ時代遅れになるんじゃないのとか、いろいろ考え付く。
 が、一番気になったのは、似たようなソフトを独立して2つ作ったという社会的損失だ。これだけのソフトを作るのはやはりかなりの手間がかかるわけで、世の中全体ではそのコストを2回支払った(2回目は1回目より安かっただろうけど)ことになる。製造業だったら製造原価があるから開発費だけ増えても影響は限定的だけども、ソフトウェアは製造原価はほぼ0なので純粋に社会的コストが増えただけだ。まさに車輪の再発明。
 今回の場合は、MSが巨利をあげている点につけいったわけだけど、もしこれがオープンソース製品だったらこういう戦略は起こりようもない。例えば、「モジュールのインタフェースがApache互換の、別のhttpサーバを作りたい」という人にとっては、既存のApacheを改造していくのがその人にとっても社会にとっても最小のコストでできるわけだから。
 製薬や映画とかの分野もそうだけど、製造業じゃないのに製造業的な売り上げを上げていかないといかない事業はいびつになるなあ、と思った。あと、オープンソースモデルは経済的にも十分合理的であるということも。
 でも最初から「似せて作った」と宣言するというのはいかがなものかね。これを買うってのは、偽ブランド商品を「傍目には分からないから」という理由で買っちゃうようなものじゃないの?

« 温泉旅行 | トップページ | 二股疑惑 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73665/11996084

この記事へのトラックバック一覧です: 偽Office:

» 人気ブランドとは [No1 ブランド ブランド 人気の・・ ブランドはどのようにして]
人気ブランドというのは、こんな感じで利用者が高い価値を認めることで広がり、ブランドを作る人も、働いている従業員も、消費者も満足することで、浸透してきます。消費者が満足を得て、欲しいという心を刺激し続け、販売している企業に利益をもたらしているようですね。 [続きを読む]

« 温泉旅行 | トップページ | 二股疑惑 »