最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 怪しいメール | トップページ | Poderosa新バージョンリリースとその周辺 »

2006.11.18

【本】Binary Hacks


 なにかと話題の Binary Hacks を読んでみた。
 Linuxとx86に偏りすぎではあるものの、こういう情報がまとまってるのは良いんじゃないでしょうかね。Windowsプログラミング編があったらぜひ僕も書いてみたい。ネタはいろいろありますよん。

 特に、ディープなCOMのプログラミングかな。いまじゃまるで役に立っていない知識だからなあ。IDispatch::Invokeを手動で実装して、VARIANTの配列で受け取ってきた引数をインラインアセンブラでスタックに積んでCの可変個引数として渡す、とかね。懐かしい。こういうのはまさにこの本のノリだ。

 JavaやC#やスクリプト言語も、本当に理解するにはC言語を理解してないとダメだし、そのためにはもちろんその下のアセンブラを理解してないといけないと思う。
 実は大学での情報の教育にはアセンブラをやるべき、と最近思うようになった。こればかりは今は大学でやらずに社会に出ちゃうと学習機会がないもの。たぶん、必要に迫られてアセンブラを学習したのは僕のあたりが最後の世代だろうし。

« 怪しいメール | トップページ | Poderosa新バージョンリリースとその周辺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【本】Binary Hacks:

« 怪しいメール | トップページ | Poderosa新バージョンリリースとその周辺 »