最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ソフトウェア開発計画 | トップページ | 【本】教育基本法 »

2006.12.13

Winny判決

 「自由な技術開発を妨げる」という理由で有罪判決を非難する人が目に付くけど、今回の場合は違法な使われ方がなされているのを助長する方向で開発が続けられたんだから有罪は仕方がなかろう。この方向が無秩序に拡大され、例えば僕が作ったPoderosaをWebサーバをクラックする悪人が使ったために僕が不正アクセス禁止法違反幇助に問われる、といった可能性も0ではないが、ここの判決要旨を見ると

 結局、外部への提供行為自体が幇助行為として違法性を有するかどうかは、その技術の社会における現実の利用状況やそれに対する認識、提供する際の主観的態様によると解するべきである。

 とあるので、将来もこのとおりに正しく一件ごとに判断がなされるのであれば一応は評価できる判決だと思う。ただ、検察も裁判官もソフトウェア技術に関しては素人だから、常に正しい判断がなされると期待するのは難しいとは思うがね。

 この件で一番納得いかないのは、Winnyがここまで広がったのは「何でもタダで入手できる」と煽って親切に使い方を説明したPC雑誌群であるにも関わらず、それが放置されてることだ。今回の判決理由を見ても、あの一連の雑誌が著作権法違反幇助でないと言い逃れるのは不可能だろう。
 結局、検察にとっては「金子勇」という一個人を見せしめにすることで事態を収拾させようとしたわけだね。出版社を何社も訴えるほどの気合はなかったということだ。

 しかし、もしある段階でWinnyをオープンソースにして、ソースコードのコミッタが世界中に何百人もいて、その全員をもってWinnyの共同作者という運営にしていたならばこういうやり方で決着を図ることはできなかっただろう。もちろんオープンソースにすると、利己的なふるまいをする派生バージョンが出るといった弊害もあるだろうが、お上に対抗するならそれくらいしないとだめだろう。

 一方、一度できてしまったWinnyネットワークは今もなお存在しつづけ、一度流出したものを止める手段は一切ないというのはなかなか恐ろしい。たとえ金子氏がコンテンツの著作権に配慮した改良版を公開したとしても、それが「匿名かつ無料で著作物取り放題」という特徴を備えていなければ、ユーザは旧Winnyを使い続けるわけだから。

« ソフトウェア開発計画 | トップページ | 【本】教育基本法 »

コメント

全面的に同意

個人なら有罪で、オープンソースだったら無罪。
著名なら有罪で、無名なら無罪。
目をつけられたら有罪で、目をつけられなかったら無罪。
日本人なら有罪で、どこかの国にの誰かだったら無罪。
ソフトウェアだったら有罪で、ソフトウェア以外なら無罪。

ネットランナーなどの雑誌で著作権侵害を思いっきり幇助して、ネットオークションでも幇助してと他人の権利を間接的に食い物にしてるソフトバンクが一番醜い気がします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Winny判決:

« ソフトウェア開発計画 | トップページ | 【本】教育基本法 »