最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 敗北 | トップページ | 敗北から3週間 »

2008.10.14

敗北(2)

前回のエントリは珍しくたくさんコメントがついた。まあ僕も相場に関する他人のブログを読むときは勝っているのより負けているのを見るほうがおもしろいからな。

気持ちも落ち着いてきたので今回の敗因を整理すると次の3つだ。

(1) 確率的な過去のデータにとらわれすぎた
 みな分かっているとおり、相場の歴史の中でもきわめて珍しい暴落だった。もちろん過去にはこの手法できちんと勝利を重ねてきたし、怖がりすぎては何も手出しをできなくなってしまうので必然の結果ではある。

(2) なまじ本業がうまくいっていたので脇が甘い
 2~3年前は自分の収入の大半を相場に依存していたのでけっこう真面目に相場に取り組んでいたし(なにしろ大敗すればサラリーマンに逆戻りなので)けど、最近は本業のほうが面白いうえに収入もできてきたので「相場でスっちゃっても仕事で稼げばいいしな~」と軽く考えていた節がある。

(3) 相場がいつのころからか娯楽になっていた
 相場では損益も大事だが、「ヒリヒリした緊張感を味わえるかどうか」が僕にとってはより大事だ。端金で遊んでてもつまんないからね。すると、資金の増大とともに張りもアップさせないと満足感は得られないので、この循環からは大敗でしか脱出できないことになる。ギャンブラーにとって最もむずかしいのが勝ち逃げをすることだ。

 すると、(2)のようにユルんだ身構えで(3)のような緊張感を得るにはレバレッジをかけるしかない、ということになるわけだ。

 もちろん別に相場から引退するわけじゃないからね。取り組み方は前と変わるだろうけど、相場にかかわるソフトウェアを作っている以上は自らも1プレイヤーとして参加するのは義務だとも思っているし、なにしろこんな面白いゲームは世の中にないので必ずまた手を出すよん。

 でも(3)の状態はなんとか克服しないと。ジジイになって仕事ができなくなったときに大損こいたら復活できんからな。

« 敗北 | トップページ | 敗北から3週間 »

コメント

取り戻せるさ。
いまこそレバッジ最大で、損失を取り戻そう!

考え直せ、いまは仕事より相場だろ。
仕事ならいつでもできるが、こんな相場はめったいない歴史的なIV。

いろいろ理由を見つけたみたいだけど・・・

子供が生まれて成長してきたら、相場なんかはれないよ。
いましかない。

別に、ソフトウェアなんて、他の人でも作れるしさぁ。
その仕事に安住の地を求めてるんなら、サラリーマンとかわらんようーな。

あんた投機家なんでしょ。

自分の幸せは何か、人生の根本を再確認してみましょう。それでも株をやるなら、それも一つの人生と思いますよ。ただ家族には迷惑をかけないように。夫・父親としてね

お前らさぁ
こんな良く出来たソフト使わせてもらってるんだから
岡嶋さんに偉そうな口叩くなって。
良く考えてミ・・・

本人が思っているところに外野からいうのもおかしでしょうけど
正直なところ、理由の分析としては聞いていて「なるほど」
と思えるものはないですね、根拠としては後付けのような印象で。
結局、「確率」とか「脇が甘い」とか「娯楽」とかいうより
大きなギャンブルに出てやられてしまった、というだけのような
気がするんですけど。

荒れた相場はまだしばらく続きそうですが、とにかく幸運をお祈りします。

なんか敗因分析が論理的でなく、もやもやした精神論的なものになってません?

たしかに分析というよりは、負けたことを前向きに
考えようと肯定している部分のほうが大きいように見えます。
もちろん前向きに考えることは大事だと思いますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敗北(2):

« 敗北 | トップページ | 敗北から3週間 »