最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« cygwinでの謎エラー | トップページ | 子育て中の仕事術 »

2009.03.31

料理人とエンジニア

 昨日神楽坂の虎白という店で飲んだときに、人生の先輩から出た話。

 世の中には旨いものを出す店は数あるが、ネタの良さで決まってしまう料理というものがある。典型的には刺身や寿司で、これは料理の腕前ではなく築地にコネがあるかどうかで決まってしまう。もちろんそういうのも旨いけれどもそれは普通に旨いだけだ。本当に客を唸らせるのは、普通の材料を使って味と意外性で高いレベルに達した料理である。そういうのが料理人の腕の見せ所だし、高い店に来る客は素材の良さだけで旨いものは大抵過去に経験があるので飽きてしまう。

 起業でも同じで、たまたま官庁や銀行や通信キャリアのような客を持つコネがあれば、別に自前のアイデアや技術がなくても食うには全然困らない。中抜きして別の下請けに出すだけでもずいぶんと儲かってしまうからな。(みなさんの周りにも、これといった技術や人材がないくせにポジションの良さだけで儲けてる会社の1つや2つあるでしょう?)
 でもエンジニアとしてはそれではダメで、「普通の材料を使っていい味を出す」アイデアとスキルで勝負すべきだし、それはエンジニアとしての満足感のみならず客にとっての意外性と満足感にもつながるはず、ということだ。

 そういう点では、料理人の世界とエンジニアの世界は通じるものがある。いいコネがあるとついそれを使って楽をしたくなるが、それでは成長がないし、必ず後で新興の若い勢力に負けてしまう。

 目先僕にとっての開拓地はiPhoneなんだけど、ちょっと最近研究が止まってる。夏に出る新バージョンのAPIも早く探求すべきなんだけどな。家に帰ると娘の相手するだけで寝る時間になってしまうんだよなこれが...。

« cygwinでの謎エラー | トップページ | 子育て中の仕事術 »

コメント

岡嶋様

そうですね、『「普通の材料を使っていい味を出す」アイデアとスキルで勝負すべき』という指摘に基本的に賛成します。

『たまたま官庁や銀行や通信キャリアのような客を持つコネがあれば』というご指摘の通り、コネの発生理由やその使い方によっては悪い印象を持つものもありますよね。

でも私としては、ビジネスでもプライベートでも、コネを持つこと自体も一つの才能もしくは努力の結果と見なしても良いであろうという考えを持っています。
(コネ至上主義ではないですよ)

技術とは関係なくコネさえあれば、、というものの例としてたまたま寿司屋を例に挙げられていたので、こんな事例をお読み頂くと少し見方が変わるかも?というものをひとつ貼らせて頂きますね。

http://blog.excite.co.jp/yamamura/26597/

私の会社がこの寿司屋の隣のビルにあったので何回か行っていますが、本当においしいですよ!
おすすめです笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 料理人とエンジニア:

« cygwinでの謎エラー | トップページ | 子育て中の仕事術 »