最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 【本】徹底抗戦 | トップページ | cygwinでの謎エラー »

2009.03.20

サラリーマン辞めて4周年

 サラリーマンをやめたのは2005年3月末だったのでほぼ4年になる。サラリーマン時代は2社で計4年半だったから、もうすぐやめてからのほうが時間が長くなることになる。
 子供も産まれたことだしこれまでの歩みを思うと感慨深いものがあるが、サラリーマンはやめて良かったとはっきり言える。まあ自分の仕事のスタイルは良く言えば孤高の職人、悪く言えば協調性ゼロで独裁的であるから、仮に4年前のあのとき思いとどまったとしても別のタイミングで辞めていたとは思うが、なかなかの冒険だったのは確かである。

 世間の景気動向とは逆に、明らかに風向きが変わってきていい感じになったのはここ半年くらいだ。見通しとしては、今年1年の収入はサラリーマン時代の4年半を全部あわせたより多いし、今後最低3年はそのペースが維持できそうな雰囲気はある。その前には、2年間の収入が未踏ソフトの500万位だけ、という時期もあった(その間は相場の利益で生活費を出していた)から、トータルとしてはようやくバランスがとれたとも思う。そんでもって、仕事に明るい見通しが出た矢先に去年秋の株価暴落で直撃を食らい、運用益で生活費を出すのは困難な水準に叩き落とされた、というのは運命的なものを感じる。

 なにしろこれまでの経験で思うのは、ソフトウェアで仕事をするには、作ったものが「資産」になる仕組みでないとやってられん、ということだ。成功のための鉄則とまで言っていいかもしれない。サラリーマンは書いたものの著作権を会社に渡すし、一般的な受託開発でも著作権は発注側にあるから、この場合はいかに割が良くても所詮は時間の切り売りに過ぎない。
 一方ソフトウェアを資産として見ると、形になるまでの初期投資は大きいし、失敗すれば丸損だからリスクも大きいが、そこを越えれば収入を産む資産になってくる。原野を開墾して畑にするようなものだ。

 資産を持っているというのはやっぱり有利なことで、マンション一棟持ってれば家賃収入だけで十分食っていけるし、東京電力50万株あれば配当で食っていけるし、100億円くらい現金があれば銀行の定期預金ですらOKである。資産があるってのはそういうことだ。ソフトウェアの場合、経年劣化は不動産より激しい(生のWin32アプリの資産価値は今はわずかだし、Win16やMS-DOSはさらに微小な価値しかない)が、資産を得るのには金銭的な元手はさほどいらず、アイデアと根性と時間だけで手に入るのがすばらしいところだ。自分の時間ではなく資産に富を産んでもらうようにしないと楽にならない。「働いたら負け」は返す返すも名言だ。

 しかし、Tacticoプロジェクトに着手して既に27ヵ月ほど経っている。初期には毎月7000~8000行コードを書いていたのが、最近は周辺との整合性を取る作業が相対的に増えたので、新規コードは4000~5000行に減ってきた。
 今思うともっと時間を短縮して同じ水準に達する方法があったような気がしてやや悔やまれる。確実なのは、相場に気を取られたり、必要以上に酒飲んで翌日に影響が出たり、2chその他のサイトをぼんやり見てる時間だよなあ。これだけでも2~3ヵ月分のロスになっているっぽい。リソースの適切な配分は永遠の課題だわ。

« 【本】徹底抗戦 | トップページ | cygwinでの謎エラー »

コメント

最後の4行馬鹿ウケしました^^

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サラリーマン辞めて4周年:

» お奨め銀行カードローン [お奨め銀行カードローン]
3月3回目の中間報告です。/中国株は急反落、外部環境悪化で利食い売り/[続きを読む]

« 【本】徹底抗戦 | トップページ | cygwinでの謎エラー »