最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 好奇心を大事に | トップページ | commitメールとの格闘 »

2009.10.20

ゲーマー回帰

 先週で仕事はちょっと一区切り。今月末ごろもう一つ大きめのリリースがあって、今年はこれで大物の仕事はラストになる。
 それで最近は少し時間的余裕ができたので、改めてトレーディングに必要なソフトウェアとは何かをじっくり考えてみようと思う。とはいっても、そういうアイデアは机の上で考えても友達と酒飲んでもそう簡単に出るものではないので、実践あるのみ。

 まずは、

●最近休止してきた個別株のデイトレードを復活
●コンシューマーゲームの研究

 の2つをやってみる。

 まあデイトレードは、過去には腐るほどやっているし、いまさらはじめるのは精神的リハビリという意味合いでしかないな。ただ緊張感を得るには投入金額を大きくしないといけないが、大きすぎると仕事が手に付かないので中途半端な取り組みになりそうだ。そもそも個別株・日経オプション・バイナリオプションを全部同時に面倒見るのは忙しすぎて無理だ。
 どういうスタイルでやるかはあとでまた考えるが、時節柄JALで大きな勝負をしたい。

 一方、ゲームは久々だ。大学生くらいまでは狂ったようにやっていたが、ここ数年ゲームからは全く離れていた(マネーゲームのほうが面白かったので!)。なにしろPS2は生涯でも1~2回くらいしか触ったことがないくらい。
 新しいゲーム性を生み出すアイデアという点ではさすがに今や枯渇しているだろうけれども、やはりユーザインタフェースが最も発達したソフトウェアはゲームであるので、最近のゲームを研究することは意味があると思うのだ。

 この活動の欠点は、傍目には単にゲームで遊んでいるようにしか見えないので、なかなか家ではやりづらいことである! 赤ちゃんもいるし、ゾンビをバンバン撃ち殺すようなゲームは妻に白い目で見られてしまう。

 だが幸運なことに、最近になって自分のオフィスから徒歩3分くらいのマンションに、仕事と相場での仲間がトレーディングルームを用意したのである! ここをちょっと使わせてもらう形でゲーム研究をすることで話はついていて、すでに大型TVとXBOX360といくつかのゲームは用意した。PS3は近日用意する。

 意気込みとしてはここで得た知見を将来のTacticoやiPhone用アプリに反映させるのであるが、単にゲームで遊んで終わりになってしまうかもしれん。どうなることやら。

« 好奇心を大事に | トップページ | commitメールとの格闘 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲーマー回帰:

« 好奇心を大事に | トップページ | commitメールとの格闘 »