最近のトラックバック

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« スキルの分類に大いに不満 | トップページ | 人材獲得作戦・3 »

2009.12.02

USD/HKDショート

 最近の為替相場はなかなか面白くなってきました。
 ちょっと考えて、最近USD/HKDのショートという長期投資プランを決行した。まあWebで調べるとやっている人は少なくないので僕のオリジナルというわけではないんだけど...

 要は、現在米ドルとペッグしている香港ドルが、やがて変動相場制になる(あるいは、ペッグのままレートが変化する)ことを期待するものだ。もちろん香港ドル買いの米ドル売りで。香港ドルが高くなる根拠としては次の通り。

●過去数年でこれだけ米ドルが下がり、それに引きずられて香港ドルも(香港経済と関係なく)下がってきた。
●実際、USD/HKDレートは変動が認められている範囲で香港ドル高の上限値付近で最近動いている
●調べると最近の香港経済はバブルの様相を呈しているようだ。香港当局が利上げしたくてもペッグしていては無理があるので、レートを変化させる誘惑は存在するだろう。
●そのうちには、香港ドルは人民元とのペッグになる可能性はわりとある。元/ドルが変動相場になれば当然元高だ。

 この作戦のよいところは、ずっと現状維持だったとしてもいつでもイーブンで逃げられることだ。しかもFXなので実質的に拘束される資金はごく小さいし、いまのところずかながらHKDの買いでスワップポイントがつくし、長期戦になっても安心できる。

 一方作戦が失敗する可能性としては、

●変動相場になったはよいが香港ドルが予想に反して落っこちていった(これが一番怖い)
●何か超法規的措置で強制決済(いまや香港は中国の一部なので一応ありうる)
●米ドルが急に高くなり、香港ドル高の期待が薄れる(ドルが高くなるのは当分ありえないし、あったとしてもイーブンで脱出できるのであまり気にしない)

 といったところだ。

 もちろん必勝というわけではないが、賭けとしてはずいぶん割がよいと思うんですがどうでしょう。決着がつくには何年もかかるかもしれないけど、とりあえず10万USDをショートしてみました。今後の情勢次第では積み増していくでしょう。

 しかし気になるのは、FXOnlineではUSD/HKDが一日のうち何度かオンライン取引停止になることだ。30分くらいすると正常になっていることが多いんだけどね。これで肝心なときに決済できないのは困るぜ...

« スキルの分類に大いに不満 | トップページ | 人材獲得作戦・3 »

コメント

うーむ
やられましたな

私のFX口座を書き換える者すらいた。

今現在このポジについてどうお考えなのでしょうか?
長期でお考えになられているとしても
噴き上げているのに我慢して損を被るってのは
悲惨なように思うのですが。

うぬぬ
天井っぽいかあ
78000までいくかああ??!

まだ持ってるの?この糞ポジ

下がってきましたな
ナンピンしてたらそろそろ撤退?

そろそろ天井っぽい気がするが
うーむ
まだもってるの?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: USD/HKDショート:

» スワップレートを知り尽くす! [スワップレートを知り尽くす!]
スワップレートについての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

« スキルの分類に大いに不満 | トップページ | 人材獲得作戦・3 »